炭酸パックを手作りするための材料

炭酸パックで顔やせにチャレンジしました! HOME > 自分で作る方法 > 炭酸パックを手作りするための材料

当サイト1番人気のページ ⇒  炭酸パックの体験レビューをしました!(写真付き)

炭酸パックを手作りするための材料

炭酸パックの基本的な材料

 

    炭酸パック1回分の分量
基材のジェル 精製水 50ml
キサンタンガム(増粘剤) 小さじ半分(2.5g)
グリセリン 小さじ2杯
炭酸ガスを発生させる顆粒 重曹 小さじ1杯
クエン酸 小さじ1杯

 

炭酸パックはこのような手頃な材料だけで

作れてしまうからとてもリーズナブルなんです。


キサンタンガムは少し手に入りにくいので、

手作りコスメコーナーのあるお店が近くに無い人は通販で購入してください。


試しにちょっとだけ作ってみたいという人は3~5グラムを

100円で購入できてメール便で配送してもらえるショップも

あるので便利ですよ。


クエン酸とグリセリンは大抵の薬局においてあります。

グリセリンは150mlが500円くらいの値段で、

クエン酸は500グラムが約1000円で購入することができます。


重曹はスーパーで小麦粉とかの近くに置いてあるので手に入りやすいです。


慎重に正確に測らないと失敗してしまう可能性が高くなるので、

できれば計量スプーンのセットがあったほうが良いです。


以上が炭酸パックの基本的な材料になります。


刺激が気になる人ははちみつを加えると、

あまりピリピリしなくなるのに加えて肌がしっとりします。

 

自分で作る方法 関連ページ